カウンセリング

糖尿病に恐れないで|未来を切り開く手段!

このエントリーをはてなブックマークに追加

高血糖になる病気

病棟

高血糖は体に害を及ぼす

糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンが減少したり作用が弱まることにより、血液中の糖分が処理しきれず高血糖になる疾患です。1型糖尿病と2型糖尿病があります。1型糖尿病は、自己免疫によって膵臓の細胞が破壊されてインスリンが枯渇する病気です。小児から若年層の内に発症することが多いです。2型糖尿病は、遺伝的素因、加齢や不規則な生活習慣、偏った食生活、暴飲暴食、運動不足などが重なり発症する生活習慣病です。中年以降に多い病気ですが、若年層での発症もあります。ここでは、糖尿病の中のほとんどを占める2型糖尿病について見ていきます。血液中の糖分(血糖値)は、体のエネルギーになるもので主に食事によって上昇し、膵臓から分泌されるインスリンにより下げられます。血糖値は常に一定の濃度を保つよう調整されていますが、上記のような乱れた生活習慣により膵臓が疲弊してインスリンの分泌か減少したり、作用が弱まると血糖値を十分に下げられなくなり高血糖状態が続きます。高血糖は身体に様々な害を及ぼします。

恐ろしい合併症とは

2型糖尿病の症状は、口渇、多飲、多尿、倦怠感などがあります。初期ではほとんど自覚症状がなく、気づかずに生活している人は多いです。血糖値が高すぎると意識障害をもたらします。自覚症状があっても放置し続けたり、治療を積極的にせず暴飲暴食を続けていると、動脈硬化が進みやがて三大合併症が出てきます。三大合併症とは、網膜症、腎症、神経障害です。網膜症は視力低下や失明をきたし、腎症は最悪の場合人工透析になります。神経障害は末端の痺れや痛み、下肢が壊死して切断する人もいます。また、心筋梗塞や脳卒中のリスクも上がります。糖尿病は一度なると完治することはなく、合併症があらわれると治療は困難になります。普段から糖尿病にならないように、規則正しい生活を送り、食事はバランスよく腹八分目に控え、適度な運動を行うようにしましょう。そして最低でも年に一回は検診を受けて血糖値をチェックするようにしましょう。

初期症状に気をつけて

カウンセリング

胃がんの中でも特に注意が必要なのがスキルス胃がんです。このがんの特徴は腫瘍の広がりが表面ではなく粘膜の下に広がるという点です。そのため、発見が難しいとされています。胃がんの初期症状は胃炎や胃潰瘍などと混同されやすいので、これらの病気も軽視しないよう注意しましょう。

More...

効果的な治療法として

女性

悪性リンパ腫の疑いが出たら全身の検査によって腫瘍の位置と悪性リンパ腫の種類を判別します。治療は主に化学療法と放射線治療となります。悪性リンパ腫に関してもほかのがんと同様に様々な研究がすすめられ、新薬の開発が次々とされています。

More...

放置しないで病院へ

看護師

鼠径ヘルニアは全体的に中高年男性に多い病気ですが、子どもや女性でもなることがあります。初期のあいだはお腹にときどきふくらみが出てくるくらいですが、鼠径ヘルニアが進行すると突然腸閉塞の危険が生じることもあります。そうなると緊急手術が必要なので、初期のうちに手術で治しておくのがおすすめです。

More...