男性

糖尿病に恐れないで|未来を切り開く手段!

このエントリーをはてなブックマークに追加

効果的な治療法として

女性

悪性リンパ腫の診断と治療法はどのように行われるのでしょうか。まず、悪性リンパ腫と疑われた場合、治療前に様々な検査を行います。悪性リンパ腫は全身で発症する可能性がある為、検査は長期間かかる時もあります。検査ではどこに腫瘍があるか調べるのも重要ですが、数多くある悪性リンパ腫のどれに当たるかを知ることは今後の治療方針を決めるうえでとても重要です。悪性リンパ腫の種類、腫瘍の場所が分かれば患者の年齢や体力も考慮して治療法が決められます。大抵の場合、化学療法か放射線治療、あるいは両方を併用した治療が行われます。最近では副作用という点にも注目しており、出来るだけ患者に対して副作用が軽くなるような工夫を行っています。

悪性リンパ腫は血液のがんの一つです。血液のがんと聞くと、最も一般的なのは白血病ですが、悪性リンパ腫もそれと変わらないくらいに患者数が多い病気です。初期の状態であれば比較的治療は簡単なのですが、たいていがある程度進行してから発見されます。進行している場合、予後はあまり良くないと言われています。がん治療は日進月歩の歩みで進化しており、悪性リンパ腫も例外ではありません。悪性リンパ腫の中でも特に治療が困難で再発を繰り返す低悪性度のものに対する新薬が10年ほど前から使用されています。ある女性の患者さんはこの新薬を服用したところ、今まで再発を繰り返していたがん細胞が一か月で消失したそうです。最近では更に効果の高い新薬の開発が実用化に向けて進められています。