男性

糖尿病に恐れないで|未来を切り開く手段!

このエントリーをはてなブックマークに追加

初期症状に気をつけて

カウンセリング

胃がんにはいくつかの種類がありますが、特に注意しなければいけないのがスキルス胃がんです。その特徴とはどういったものでしょうか。スキルス胃がんの特徴の一つとして、発見が難しいというものがあります。スキルス胃がんは、がんの広がり方が通常の胃がんのように胃の表面に広がるのではなく、粘膜の下に広がるという特徴的な広がり方をします。このため、表面上で変化が見つけにくく、特に初期では内視鏡を使っても発見されないことが多々あります。また、進行度が通常の胃がんに比べて早いというのも大きな特徴です。未分化型腺がんという分類に属していて、このタイプはがん細胞がバラバラに点在するため、ほかの組織に特に移動しやすくなっているのです。

胃がんに限らず、がんのがんを完治させるためには何といっても早期発見が大切です。胃がんにはいくつかの初期症状があります。胃潰瘍や胃炎と間違えやすいですが、長期に続けば明らかに異常なのでおかしいと思ったらすぐに病院へ行きましょう。まず、胃がんになると初期症状として胸やけや消化不良、食欲不振、腹部の痛みといった症状が起こります。しかし、人によってその症状の出方の度合いは様々で強く感じる人もいれば全く感じないという人も居ます。初期症状を自覚した場合は、内科のある病院でがん検診を受けるといいでしょう。また、自覚がなくてもがん検診を定期的に受けることで、重症化を防ぐことができます。また、胃がん患者の方はがん治療に実績を持っている病院を選ぶと、安心して治療を受けることができるでしょう。